CHARACTER
GALLERY
logo_symbol.png

STORY

 創作を始めてから四年が経ち、なかなか結果が 出ずに悩んでいた、秋の終わりのとある夕暮れ。

 小説家を目指す少年・門倉良太のもとに一通のファンレターが届いた。

​かどくらりょうた

『物語とは、理論により構築されるべきものです』

 突き動かされる情熱だけを頼りに創作を 続けてきた彼に、

顔も名前もわからない 読者は、『創作の理論体系』を 説いた。

​かのじょ

そして、この日から彼の日常は大きく変わり 始める。

 身を凍らすような現実を越えて、

桜舞うの向こう側へ。

ふゆ

はる